体験者の声

相談内容①:霊障診断


この度、メールにて先生にご相談をお願い致しました、お電話を入れさせていただき、写真、家系図、命日、戒名等が分かる限り調べました。是非、霊視をしていただきまして、今後どのように供養をしていったらよいか、ご指導をいただければ大変ありがたく思います。


それから余談になりますが、夫の母が亡くなった後、49日の納骨が済むまで不思議な事が何度もありました。と言いますのも、母が仕事で何度か取引先に電話をして、私たちがうっかり忘れていた大切な用事を助けれくれたり(後になって、取引先の人がお母さん亡くなったんだよねって、とてもおどろいていました)。


主人が風邪で高熱を出した時も仕事を休めなかった時に、無理しないようにと主人に話しかけたそうです。(姿は見えなかったらしいのですが、義母の部屋に行った時に、声のようなものを聞いたそうです。)


義母は2年間位、癌をを患っていて、もし命を失うような事になったら、影から見守ってあげるからねと生前よく言っていたので、きっと亡き後も私たちを心配していたのではないかと思っています。


娘がなくなった後も、不思議な事がたくさんあって、私が訪れた親戚の人たちの接待をしている時、私のまわりに誰もいなかったのに、誰かが私の服の袖口をひっぱったり、誰もいない時にお風呂に入っていて、人の話声や不自然に歩く足音が聞こえたり、1番おどろいたことは、なくなって5ヶ月程過ぎた時、隣の部屋が店の事務所になっているのですが、夜中遅くまで私がひとりでパソコンに向かっていたら、突然その隣の部屋からものすごい音(机がはげしくゆさぶられる)がして、振動は全くないのに、机のぶつかり合うような大きな音が20秒程でしょうか、続きまして、後で見に行ってみましたら、何ひとつ動いた形跡もなく、いったい何が起こったのか、私自身全くわかりませんでした。


よくTVでみるようなポルタ―ガイストになるのか、どうかわからないのですが、その時は娘が何かを私に伝えたくて、私がひとりでいた時に、このような状況を作り出したかとも思いましたが、全くわかりません。


それから主人に関してなのですが、以前2人の霊能者という方にお会いする機会があったらしく(もう10年以上も前のことですが)その時、場所も見て頂いた時期も違うのに2人の方から同じ事を言われたと言っていた事がありました。それは主人の後ろには、渡辺の綱〇〇(主人もこの名前の部分を覚えていないというのですが)という武将の方がいて、この方はすごく大きい力で主人を導いているという事なのです。そして右肩の所にはたぶん亡くなった義母と思われる年配の女性がいるらしいのですが、武将の方の力が大きすぎてバランスがとれていないため、腰に負担がかかっていると言われたそうです。実際、当時主人は慢性的な腰病を持って医者にかかっていたのですが。。。


何しろ私どもだけでは、どうしたら良いかわからず、もし霊障が災いしているとしら、亡くなった娘がちゃんと成仏して行くべき場所へ行くことができているのか、そして残された長男の今後に悪いことがおこらないか大変心配しています。どうかご指導よろしくお願い致します。


除霊後の内容
先月には、主人の事故やら何やらで、アクシデントの多い月ともなり、一時は心配致しましたが、今月に入りまして少しずついろいろな事が落ち着きをみせはじめたように感じております。主人の事故も不幸中の幸いでケガもなく事が少しキズがつきましたが、その位でホッとしております。


また、お家賃を滞納して出ていったテナントの住人から入金があったり、親類との人間関係が少しトラブルがあったものの良い方向へ修復されたりと何となく全てが良い方向へと流れ始めたように思っております。


店の従業員が急にやめたりしたものの、それがきっかけとなって今月には息子も家業を継いでいきたいからと戻って来てくれました。先月に続いたアクシデントがうそのようです。


大きな事は望みませんが、今の安定した状況が少しでも長く続いてくれたらとただただ願っております。


先生に遠くからおいで頂いて、も少しで3ヵ月がたとうとしておりますが、色々な事を修正して正しい方向におみつ引き頂いた成果が報われはじめたのでしょうか。先生には途中で心配してお電話をいただいたり、本当にありがとうございました。何かあった時も、すぐに先生にお聞きしたり、ご相談できるのは本当に心強いものがあります。


これからも主人共々、先生から教えていただいた事を守りながら毎日を頑張って行こうかと思っております。どうか今後とも神様、そして先生のお力をお借りして参りたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。本当にありがとうございました。
霊泉館
メールお問い合わせ
お問い合わせフォーム

相談から鑑定までの流れ
メディア掲載
鑑定場所