体験者の声

相談内容:うつ病


相談内容:うつ病

「 私は松居先生と出会って一年経ちました。 一年前はうつ病で病院に通い薬を処方してもらい、自宅では夫と娘がいますが、ほとんど家事もできず母に応援してもらいながら生活をしていました。


時には布団から出ることもできない日が一週間や十日とよくありました。 うつ病になって7年経ち、家事もできずに寝込んでいた時のことです。


が学校から戻りランドセルを背負ったまま、私が寝ている隣に座り真顔で「お母さんはいつになったら病気が治るの?私が中学生になるころには治るかなぁ~?」と言いました。


今でもあの時の娘の真剣な顔は忘れられません。 その言葉を聞き体に鞭を打ち家事をしようと階段を下りていく途中に足を踏み外し階段を滑り落ちました。


私は痛めた個所を押さえながら「このままではいけない…」「治したい…」と思いました。 そこでうつ病についてネットで調べてみたところ松居先生のHPにたどり着きました。
霊能者がうつ病を改善するために挑んでいるのを知り驚きました。 初めて聞く内容でしたので不安に思い、それが本当かどうかできる限り調べました。


松居先生はブログもありましたので次々と読んでみました。 するとうつ病から脱出して会社に復帰している人の内容や、体験談が書かれていて、今まで薬に頼るしかなかった私は光が見えた感じになり「やっと見つけた!これで治る!」と思い勇気を出してメールをしてみました。返信には「直接お聞きしますのでお電話をください」と書かれてあり、ドキドキしながら電話をしました。


すると優しく教えてくださりましたので信頼をして観てもらうことにしました。 写真を送り霊視をしてもらい、霊が絡んでいることを知りました。 病気が治るならと思い言われたことをして、遠隔で除霊をしてもらいました。


そして今まで不審に思っていた薬も思い切って止めました。 ひと月ひと月経つにあたり、どんどん楽になり嘘のように体が動くようになりました。
そして、一生懸命普通に笑顔で話しているつもりでも、無理をした笑顔になってしまってたりおどおどした感じが出ていたと思いますが、今ではそれがまったくなくなった事に気が付きました。


そのために娘が満面な笑顔で話してくれているのが嬉しいのです。


先生が言う霊能の世界を正しくして除霊をしてもらうことで本当に気持ちが落ち着くもんだとしみじみ思いました。
また家族関係もうつ病で寝込んでいた時は夫の言葉のDVがあり、うつ病が改善した際にどうすれば良いのか悩んでいましたが、今現在夫も優しくなり日々ありがたく感じるようになりました。 どちらかというと私の方がひどい状態で、主人が耐えてくれていたんだと思えるほど余裕が出てきました。


特に最近は洗濯物を干している最中にもなんだかにやけている私が居て、自分でも馬鹿だなぁと思うほどです。
幸せって足元にあるのですね。
今年一年私にとって今までにない劇的に変わった一年でした。」 
横浜市在住S様 7年間のうつ病~霊泉館に相談まで流れ
2007年11月頃 大好きだった祖父が亡くなりひどく落ち込み何もかもが嫌になり毎日泣いて過ごしていた。引っ越しや主人からひどく怒鳴られ生きることに疲れてしまった。おかしいなと思い近くの精神科に行くとうつ病と診断された。毎日起きられず食欲はなく眠れず家事もできなく、毎日、死にたい死にたいと頭の中でグルグル回っていた。良くない状態が続き実家に帰るが毎日寝て過ごす日々。お風呂にも入れなかった。 リーゼ(5)
ソラナックス(0.4)朝昼夕
ジェイゾロフト(50)寝る前2
ドグマチール(50)朝昼夕
アモバン(10)睡眠薬
マイスリー(10)睡眠薬
オヒプロノール(1)睡眠薬
上記の薬を2008.9頃まで服用していた
2008年9月頃 病院の先生が病気で違う病院に行かなくては行けなくなり、信頼していた為にショックが大きく症状が悪くなった。動機やめまいがひどく眠れない日が続いた。先生からは睡眠記録を取るように言われていた。 病院が変わり処方箋がありません
2008年9月下旬 新しい病院に通い始めるがそこでの診断は神経症と言われ何が何だかわからない気持ちになった。先生は私の話に親身になったり共感などしてくれず診察の帰りはいつも泣いていた。症状も良くならないので別の病院を探し始める。  
2009年8月下旬 現在通っている病院に変更。ここでの診断は双極性うつⅡ型障害の可能性があるといわれた。朝も変わらず起きられず食事もバナナ一本を何とかして食べていた。体重も減った。起きてもすぐに横になっていた。病気のことが受け入れられず、死ぬことばかり考えていた。 レキソタン(2)朝夕
ジェイゾロフト(25)夕
ハルシオン(0.125)寝る前
デパス(1)寝る前
デジレル(25)寝る前
ドグマチール(50)朝
ルボックス(25)朝夕
レキソタン(2)朝夕
リーマス(100)朝夕
ジェイゾロフト(25)夕2錠
ルボックス(25)朝
レキソタン(2)朝夕
ジェイゾロフト(25)夕2錠
サインバルタカプセル(30)寝る前2錠
ジプレキサ(2.5)寝る前
2010年 食べられず体重も減り新しい薬になってから食欲も出て来て少し落ち着いたかと思ったが、今度は体重が9キロ以上増え甘いものがやめられなくなり、寝て食べての生活になってしまった。薬のせいで醜くなった自分が嫌になりダイエットに手を出すが全く痩せない。無差別にダイエット食品に手をだし、お金も無くなっていった。このころから人との関係を避けるようになった。  
2011年 ダイエット生活で疲れ何もかもが嫌になる。このころはまだ家事も手助けしてもらいながら少しできるようになってきた。ママ友達から子供のことで嫌なことを沢山言われ何度も謝ったが受け入れてくれず我慢の限界を超えてしまい、感情があふれてしまい怒りをぶつけてしまった。子供の友達のママ達と接するのが嫌で話をするときはいつもドキドキしていた。  
2012年 少し落ち着いてきたが波がある。主人から怒鳴られてまた具合が悪くなり、母に来てもらったりする日が続いた。家事も手伝ってもらわないとできないこの頃から兄や母の事で悩みが出て来てイライラしよく泣いていた。落ち込みがひどくお風呂にも入れず、具合が悪いときは家事ができなく弁当の日があった。 デプロメール(50)朝夕寝る前
サインバルタカプセル(30)寝る前2錠
ジプレキサ(2.5)寝る前0.5錠
2013年 自分の醜さから処方してもらった薬を飲まなくなり具合も悪くなり詐欺にまであい、貯金もなくなってしまった。太る薬から替えてもらったが鬱の症状がひどくなり、めまいがあり、死にたくなり計画を立てようとした。どんな方法で死ぬのが楽なのかネットで調べたり自殺サイトをのぞくようになった。子供のことを考えると実行に移せず眠れない日々が続き落ち込む。食欲は良くなってはいたが食べられない日々が続く。  
2014年 正月は実家に帰り穏やかに過ごしたが、主人の実家に行ったりして体調が悪くなる。タイミング悪く主人と喧嘩になり気持ちが高ぶり過ぎて過呼吸になり、救急車に連絡をしてもらった。体調は思わしくなったが、夏休みに家族旅行をしてまた悪化した。この頃から寝込むことが多くなる。夜も眠れず悪夢を見るようになり、夜中に大声を上げるようになり、隣で寝ている子供を無意識に叩いてしまった。寝言もひどく夜寝ることが怖かった。子供を叩くのではないかと不安で眠れず、自殺サイトを見るようになった。子供に泣かれるのがつらかった。うつ病ではないように感じてMRIを受けたり、睡眠障害ではないかと専門の病院に行ったり、調べまくったが、特に何もかなった。

4月25日
トフラニール(25)朝夕
デプロメール(50)朝夕
サインバルタカプセル(30)寝る前2錠
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕2錠

8月30日
トフラニール(25)朝夕
デプロメール(50)朝夕
サインバルタカプセル(30)寝る前2錠
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕2錠
デプロメール(50)朝夕

2014年12月24日 この一年は本当につらく、子供から「ママの病気はいつ治るの?」と聞かれ、「治っても私が中学くらいかも」と言われた事で衝撃を受け何が何でも本気で治したいと思い始め、少しでも家事をしようとし自宅の階段から落下し捻挫をした。  
2015年1月上旬 写真を郵送して遠隔霊視をしてもらった結果、先祖の因縁があると診断され早速出張してもらい仏壇の中もすべて見てもらい、私の家系に合う祭り方や供養の仕方を教えてもらい実行し始めた。  
遠隔で除霊と祈願を依頼し始めてもらった。  
今までの経験上、薬を飲むと動けなくなったり、何かと後遺症が出ていたため薬を飲み続けることに不安を感じていた為、すべての服用を止めた。  
薬の服用を止めて突然副作用が出始め毎日嘔吐をするようになった。とにかくつらく苦しく気がおかしくなりそうなのを何とかこらえて耐えていたら一週間後に突然症状が良くなり急に起き上がることが出来て自分の中では治った!という感覚があった。初めての感覚でとてもすっきりした気分で驚いた。  
  全ての服用を止めたが病院には通った。薬を服用していないことを医師には伝える勇気はなかった。
2015年2月

薬を止め祈願をお願いして一ヶ月たち、嘔吐も無くなり多少気分が悪いのはあったが次第に良くなっていった。


医師から「すごく調子が良さそうだね。」と言われた。


自分の中ではうつ病が治った感があっていつも落ち込んだりイライラしていた気持ちがおさまってきて、やる気が出始め明るい自分が出てきた。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
2月28日
トフラニール(25)朝夕
デプロメール(50)朝夕
サインバルタカプセル(30)寝る前2錠
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕2錠
2015年3月

体調がさらに良くなってきて体力を回復させるために少しずつウォーキングを始める。家事もできるようになってきた。以前は外に出るのが苦痛だったがとても気持ちよく感じられるようになった。空を見上げるたびに生きていて本当に良かったと心から思えた。3/28の診察も顔を見るなり「調子が良さそうだね。」と言われた。この頃にはお友達と久しぶりにお茶をすることが出来るようになり、皆から「顔つきが全然違う。」と言われた。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
3月28日
トフラニール(25)朝夕
デプロメール(50)朝夕
サインバルタカプセル(30)寝る前2錠
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕2錠
2015年4月

少し減薬になった。


うつ病も良くなり不安はあったが子供の希望もあり家族で旅行に行った。体力が無いためすぐに疲れを感じたが少し休めば良くなり前向きにな気持ちになっていた。とても楽しかった。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
4月11日
トフラニール(25)朝夕
デプロメール(50)朝夕
サインバルタカプセル(30)寝る前2錠
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕
2015年5月

処方がかなり減った。


気持ちが本当に落ち着き始め家族に対して感謝する気持ちが湧いてきて今までのマイナスの気持ちやどうして自分ばかりこんな目に…とは思わなくなってきた。また家族の私に対する愛情が分かるようになった。私のうつ病のせいでバラバラになりかけた家族の気持ちが回復してきた。初めてお友達呼んで庭でバーベキューをした。お友達から本当に良くなったんだね。明るくなったねと言われた。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
5月9日
デプロメール(50)朝夕
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕2錠

5月23日
デプロメール(50)朝夕
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕
2015年6月

医師から、「考え方を変えただけでここまで良くなったのはすごい。」と言われた。


体力もついてきてウォーキングするのが楽しくなっていた。体のあちこちを治そうと思い整体にも通いいろんなことに目を向けられるようになった。27日には母と大阪まで行くことが出来た。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
6月3日
デプロメール(50)朝夕
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕

6月20日
デプロメール(50)朝夕
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕
2015年7月

気持ちはすっかり落ち着いていた。7/31~伊勢神宮参拝の目的で伊勢市に一泊二日で行くことが出来た。普段から神様のご加護の賜物と信じているため家族そろって直接感謝を伝えることが出来て本当に嬉しかった。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
7月
デプロメール(50)朝夕
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕
2015年8月

子供が夏休みになりあちこちに一緒に出掛けたり家族旅行もできて、今まで寝たきりだったため初めて家族で味わう夏休みと幸せを感じた。とにかく日々普通に生活できることが喜びだった。8月は私の誕生日もあり家族が「今年は生まれ変わった年だね。」と喜んでくれ嬉しくって大泣きした。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
8月
デプロメール(50)朝夕
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕
2015年9月

医師から「今月から一ヶ月おきで良いよ。」と言われた。


自宅ではお友達を呼んで庭でバーベキューをしたり子供が始めた習い事にも頻繁に行くようになり毎日がとても充実した日を過ごすことが出来るようになった


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
9月
デプロメール(50)朝夕
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
リーマス(100)朝夕
2015年10月

調子が良い顔を見て減薬してくれた。


まだ暑い日が続いていたが体調も良く子供の運動会のために何を作るのか何日も前から考えたりする事がとても嬉しく、本当に良くなって良かったと何度も思った。家族のために一生懸命食事を作る事が嬉しく、主人も「品数が増えたね!」と褒めてくれることが多くなった。習いごとの試合もあり家族来のきずながまた強くなったことを感じることが出た。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
10月
デプロメール(50)朝夕
エビリファイ(6)(3)夕一錠づつ
2015年11月

薬の処方がひとつになった。


友達の結婚式があり出席することが出来た。久しぶりに会う友達に「すごく笑顔が増えたね!」と言われた。とても感動する式だった。11月は人間ドックもあったが一年前とは比べ物にならないくらい良くなっていて驚いた。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
11月
デプロメール(50)朝夕
2015年12月

毎日朝早く起きてご飯を作って主人と子供を送り出し家事をこなしベランダから富士山が見えた時には心がわくわくしていて、ちょっとしたことでいつも幸せを感じることが出来ていた。以前ならあり得ない感情だった。クリスマスには自宅に母や兄も呼び私が作った料理をみんな「おいしい。おししい!」と喜んでくれて初めて楽しいクリスマスを過ごすことが出来た。主人と2人で食事をしているときに、「あの頃のお前は本当にひどかったけど、本当はいい奴なんだなぁ」と言われ、うつの時の私の態度はひどかったのだなと申し訳なく思った。主人も私の変化を見て心霊という世界があると信じたようだった。


遠隔で除霊と祈願を依頼した。
12月
デプロメール(50)朝夕
2016年1月

減薬したため2週間おきに来るように言われた


新しい年になり相変わらず調子は良い。正月も家族で過ごすことが出来て本当にありがたかった。23日からは伊勢神宮へと家族で参拝する事が出来た。とても楽しい旅だった。


心霊界を信じ霊能者に依頼して一年がたった。今まで7年間ひたすら病院に通い処方される薬を飲み完治するのを期待して言われるがままに従ってきた。しかし一向に改善しなかった。むしろ辛かった。それがこの一年で私の人生は変わった。霊能の先生は初めに「結果を出すことしか考えていないです。」と言われその言葉通りいつも見守り支えてくださった。そのお蔭でこの一年が転機となった。今の生活になれるなんて夢のよう。夫婦で昨年までのことを思い出しては良かったね!としか言葉が出ない状態。本当に感謝した。今月も遠隔で除霊と祈願を依頼した。
12月
デプロメール(50)朝夕
2016年2月 病院では医師に自分から今日で通うのを終わりにしたいと伝えた。医師は「薬を止めたら80%の人がまた再発するリスクがありけど良いね?」と聞かれたが、大丈夫です!と答えた。医師にお礼を言い、病院の外へ出ると涙があふれてきて、これでやっと終わったんだなという思いでいっぱいだった。ふと横を見ると主人も泣いていた。8年近くうつ病で病院に通い何回か病院を変えたり薬も毎日たくさん飲んで、とにかく辛い生活を良く耐えることが出来たなと思う。特に子供の存在は大きかった。この子の一言が無ければ私は治したいという気持ちを持っていても行動に移さなかったのではないかと思う。改めて家族と支えてくださった松居先生と神様に深く感謝した。
霊泉館
メールお問い合わせ
お問い合わせフォーム

相談から鑑定までの流れ
メディア掲載
鑑定場所