霊泉館(日本霊能者協会)

今より幸せな人生を送るサポート

お母さんを助けて!…⑤…リストカット!?

関連記事
お母さんを助けて!…④…母が変です!
まだ霊障も改善されてなく精神的にも不安定な状態でしたので、気にはしていたのですが、他の依頼者とのやりとりで一杯一杯だったこともあり連絡待ちのまま半月放置をしてしまいました。
気にしていた矢先、下記のメールが届きました。

「松居先生こんにちは(*^_^*)
母は活動的になって相変わらず家事をしたりしていますが、少し怒りっぽい時もあり医師からすると今は躁状態だそうです。可哀想に、薬の副作用で呂律が回らなくなっています。
先週金曜日が通院日だったので父と私が付き添いで行って来ました。その日は私たちから見ても躁状態で、医師からは即日入院を勧められましたが、暴れるようなら拘束器具をすると言われて、私も父もあまりにも可哀想になってしまってその日は自宅に連れて帰りました。」

読んでびっくり!
この状態は以前除霊をして精神的に安定しかけてきていた状態から一転して、また不安定に戻っていると判断し、やばい!危ない!と思いすぐに連絡を取りました。
詳しく聞いてみると、医師も今すぐに入院をと家族の方に強く同意を求めたそうです。
それを聞いていたお母さんは当然拒否されていたそうで、その状態での入院となると、ベットにベルトで縛られ動けなくした状態で薬の投与をして精神的に落ち着かせるといった説明を聞いてご家族は、とりあえずもう少し様子を見たいと医師に伝えお母さんと一緒に帰宅されたそうです。
薬漬けになると精神的にも肉体的にも薬の副作用でボロボロになってしまうために、できれば自宅にいながら安定するようにしたいと思いその旨を伝えたところ、賛成していただけました。
が、何せ現在の状態は医師も診察したように、躁状態で入院すれすれの状態ですので、どんな事件や事故が起こってもおかしくないわけですから、まずまだやり遂げていない課題を早速進めていただくようにお願いをしました。(課題に関しては個人情報がありますのであかせません。)
約一週間後と課題の日にちも決まり、その日までは目が離せないと警戒していた矢先、下記のメールが来ました。

「先生大変です。私は今日仕事で母に会っていないのですが、妹が実家で母と2人きりのようで、今母に包丁を突きつけられてるとメールが入り職場でメールを読みパニックです。早退するか考えています。」

読んだ瞬間、一番恐れていたことになってしまったと思い、返信の文章を打っている間に…

「今度は母が両腕リストカットし始めたと連絡がありました、私も心配で仕事になりません。」と…

警察に連絡をするのが一番良いと思いつつ、連絡をしてしまうと100%強制入院になるし、そのあたりを家族と話しながら対策を練った方が良いと思いましたが、自分でできることをしようと、本来次の日から除霊をしようと家族とも話していたのですが、緊急で早速「遠隔除霊」を始めました。
2時間後…

「また妹から連絡があり、母は散々暴れて疲れたようで今は寝ているそうです…」と…

とりあえず危険な状況を脱しホッと息をつけました。
次の日は精神科に行ったようで…メールが来ました。
「松居先生こんばんは!
夕方母の様子を見に行ったら、ハイテンションでしたが奇行はなく、もちろん昨日の様に暴れてはいませんでした。普通に会話が出来る状態でした。
父の話だと、午前病院での診察中は大人しくて、今日は医師から入院を勧められることはなかったそうです。とりあえずは引き続き通院です。
昨日の爆発後からは落ち着いています」と…

「遠隔除霊」の効果を確認しながら、課題の日までの残りの日々を何事もないことを祈り連絡を取り続けました。
次の日も…
「昨日の夕方母に会いに行ったらリビングでお昼寝していました(*^_^*)
起きてからもテンションがいつもより落ち着いて、そんなにハイじゃなかったです!昨日は私がイライラしていたのを、逆に母になだめられたくらいで…(笑)
今日も後ほど母の様子をみてきます!」
メールが来るたびに、何事もないように…と祈るような思いでした。

無事課題も終わり、「表情も和やかで落ち着いています。」と…

やっと、改善のための除霊ができるようになり、遠隔での除霊を続けています。
すると…「表情が特に違います。朝は少しテンションが高かったのですが、今は静かです。一言で言うと、穏やかっていう感じで、ゆっくり休みたい〜と言って眠そうな感じです。」と…

そして、先日精神科に行かれたそうで…
「松居先生おはようございます(^-^)
昨日母と病院に行ってきました。家族から見ても穏やかになっているのですが、担当医も”なんか…先週よりだいぶ落ち着いてますね。”とびっくりしていました!2、3週間前は強制入院を勧めていただけに。(笑)
なので昨日の診察の時間はすごく短かったです。
お薬は今週も引き続き同じ処方をされましたが、元々母が薬に依存しやすいことを考慮して、依存性のない優しいお薬が処方されているそうです。
本当は飲まないのが1番なのでこれから徐々に減らしていって欲しいのですが…」と…

このメールで僕も落ち着けました。
ハラハラドキドキ、気を許すことができない、バタバタの3週間でした。
まだまだ安心はできませんが、このまま除霊と祈願で、改善に向かっていけると思います。
ひとまず、一安心…

%e8%a6%b3%e9%9f%b3%e6%a7%982

霊障ってほんと怖いです。
人生を変えられてしまいます。
なんか変だなと思ったら、まず連絡をください。
—————————————————————
【ご相談はこちら】
霊泉館館長 松居泉典
日本霊能者協会 会長
公益財団法人 日本心霊科学協会 会員
電話番号: 058-214-7727
お問い合わせ:お問い合わせフォーム
HPURL: http://senntenn.jp/
—————————————————————