霊泉館(日本霊能者協会)

今より幸せな人生を送るサポート

危険!危ない月真っ最中!

「衝突事故を起こした車が歩道にいた女子高校生の自転車の列に突っ込みました。
近所の人:「すごい音がガシャーって。『助けて、助けて』っていう声がした」
3日午後0時40分ごろ、岐阜県北方町の交差点で、40歳の女性と21歳の男子大学生が運転する乗用車が出合い頭に衝突しました。この事故のはずみで、女性の車が歩道を自転車で走っていた女子高校生8人の列に突っ込みました。車の下敷きになったりはねられたりして女子高校生3人がけがをして、うち2人は骨盤を折るなど重傷です。また、車に乗っていた2歳の男の子も軽いけがをしたということです。
最終更新:8月3日(水)17時15分テレ朝 news」

「4日午後4時前、埼玉県川越市にある高校のグラウンドに雷が落ち、16歳の男性生徒が心肺停止の状態となっている。
警察によると、4日午後4時前に川越市南大塚にある県立川越南高校のグラウンドに雷が落ちたという。当時、グラウンドでは川越南高校と県立和光高校の野球部が練習試合を行っていたということで、和光高校の選手で当時一塁を守っていた16歳の男子生徒1人が雷に打たれて心肺停止の状態となり病院に搬送されたという。
落雷があった時、「ドカン」という大きな音がして選手は全員地面に伏せ、雷が去った後、皆立ち上がったが男子生徒1人だけが倒れていたということで、その他にケガ人はいないという。
現場にいた人は「当時は晴れていて雨は降っていなかった。突然の落雷だった」と話しているという。」

「4日午後4時すぎ、東京・江戸川区で近くに住む小学2年生の萬谷太星君(7)が道路を横断していたところ2トントラックにひかれ病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
警視庁はトラック運転手の星野仁容疑者(26)を過失運転傷害の疑いで逮捕し、事故の原因を調べています。
星野容疑者は容疑を認めたうえで「青信号だったが、気付いたら子どもに衝突していた」と供述しているということです。(05日00:08)」

「31日未明、兵庫県神戸市須磨区にある飲食店の駐車場で寝ていた男子高校生が、店の従業員が運転する車にひかれ重傷となっている。
事故があったのは、須磨区にある「餃子の王将 白川台店」の駐車場で、31日午前3時前、帰宅しようとした店の女性従業員の車に、大阪府堺市の高校2年の男子生徒(16)がひかれた。男子生徒は内臓などを損傷する重傷。
調べによると、男子生徒は、友人と二人で海水浴のため須磨海岸を訪れたが、家が遠いことから飲食店の駐車場で一夜を過ごすことにした。
女性従業員は、「人が寝ているのに気づかなかった」と話していて、警察が事故の状況を調べている。」

「熊本市で車が駐車場のフェンスを突き破り約7メートル下の用水路に転落した。
事故があったのは熊本市中央区千葉城町の駐車場。警察や消防によると、1日午後0時20分ごろ車がフェンスを突き破り約7メートル下の用水路に転落した。この事故で車を運転していた60代の女性がろっ骨を折るけがをした。
警察は、女性がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて事故の詳しい原因を調べている。」

「宮崎市で小学生の女の子を自宅に監禁していたとして、男が監禁の容疑で逮捕された。女の子に目立ったケガはないという。
逮捕されたのは、宮崎市の自称アルバイト・沢田裕也容疑者(36)。警察の調べによると、沢田容疑者は3日午前中から4日午前3時過ぎまで、小学生の女の子を自宅に監禁した疑いが持たれている。3日夜になっても女の子が帰宅していないため、女の子の母親が警察に届けたところ、沢田容疑者の自宅にいたことがわかった。
沢田容疑者は1人暮らしで、1年ほど前から女の子と顔見知りで、家から出て行かないように玄関のカギをかけていた。女の子は拘束などはされておらず、目立ったケガはないという。容疑について、沢田容疑者は黙秘しており、警察で追及している。」

「東京・上野のコーヒーショップで、知人女性の飲み物に睡眠薬を入れて眠らせ、性的暴行をしたとして男が逮捕された。
警視庁によると、準強姦などの疑いで逮捕された劇団員の吉武竜矢容疑者(34)は今年6月、JR上野駅のコーヒーショップで、20代の知人女性の飲み物に睡眠薬を入れ、眠った女性を別の場所に連れ込んで性的暴行をした疑いがもたれている。
女性は、飲み物が珍しい色だったためスマートフォンで撮影し、友人に画像を送信した直後に意識をなくしたという。
店の防犯カメラには吉武容疑者が飲み物を女性の元に運ぶ様子が映っていて、調べに対し吉武容疑者は容疑を否認しているという。」

事件や事故が多発しています。
くれぐれも気をつけましょう。

車は、ほんのコンマ何秒ブレーキを踏むのが遅れればぶつかります。
そのコンマ何秒が、目を離したのか、ボーとしてたのか、スマホか…
何れにしても事故をしたくて運転している人はいません。

コンマ何秒が命取りになります。
しっかり前を向いているはずなのに、
たまたま目を離してしまった…
気がついたらぶつかっていた…
これが霊障なのです。

事故を回避するには、交通安全祈願がありますが、はやり一番大事なのは自身で気をつけることです。
依頼者の方々も除霊や祈願をしていますが、油断は禁物です。
この時期に関しては、とにかく気をつけてください。

t02200198_0622055912598965688

—————————————————————
【ご相談はこちら】
霊泉館館長 松居泉典
日本霊能者協会 会長
公益財団法人 日本心霊科学協会 会員
電話番号: 058-214-7727
お問い合わせ:お問い合わせフォーム
HPURL: http://senntenn.jp/
—————————————————————